大手ハウスメーカーの基礎現場

素人の人が正しい家造りを知ろうとしても、困難なことでしょうね

大手メーカーに任せておけば安心…その気持ちもわかる気がします。

近くで超大手ハウスメーカー○○工務店が施工をしている。

ハウスメーカーの基礎現場

キレイに仕上がっていますが、どこが問題かお分かりですか?

従来の基礎は打ち継ぎ部があり「基礎2回打ち」という

ハウスメーカーの基礎現場

水抜き穴も見える今、基礎は水抜き穴を設けてはなりません。

小さな赤丸が水抜き穴。水抜き穴を後から埋めても生コンはくっつきません。

生コンは一回で打たないとくっつかない性質があり、翌日に打ってもダメ

シロアリに侵入された3つの理由、 ①基礎2回打ちによる隙間、②水抜き穴 ③給湯器の基礎

大手住宅メーカーのほとんどは従来の基礎2回打ち。

●いい基礎とは水染みのないプールのような基礎

床下は暗くて見えませんが、従来の基礎は長雨が続くと水染みがある。下は弊社の基礎ではありません。

写真は日経ホームビルダーより

これまでの基礎は下のイラストように緑色の基礎底盤と青色の立ち上がり部は

鉄筋とくっ付いているだけで、コンクリートはくっ付いていない。そのために水染みがあり、

横からの力にも弱い!

●強固な基礎ESB工法ってどんな工法!

完成時は土にかぶって見えなくなりますが、打ち継ぎ部や水抜き穴からは湿気やシロアリも侵入する。

基礎打ち継ぎ部を無くせ!  基礎は強固な一体成型基礎でなければならなりません。

赤丸は打継ぎ部のジャンカという欠陥部

一般的には基礎上塗りと言う基礎の仕上げをするので、表からはジャンカが見えません。

 ●基礎の基礎知識。土間コンの無断熱が許容されている

●平成25年省エネ基準改正の盲点は、土間コンクリートの無断熱が許容されたこと。
つまり、土間コンに断熱材を入れなくても良いと言うことです。

社長が語る家づくり重要ポイント|断熱と気密

ページトップへ