床下から入る外気とは いかなるものか‥

大手ハウスメーカーの外気利用エコ住宅は健康に危害を加えかねない、とんでもない

「素人工法」だという。数年前とはいえ、大手住宅メーカーが以下のような建物を開発してしまう。

坪100万円だそうですが、床下の通気口から何が入る?

花粉・黄砂・PM2.5を含む越境汚染、農薬散布・熱風・湿気・冷気・埃カビ菌や庭のダニも…

以下、2010年4月 「いい家」をつくる会。換気研修より

外気導入のエコ住宅が床下から入れる外気とはいかなるものか

自然へのノスタルジー、自然志向を印象付け

基本的な性能『気密性能と熱橋の欠陥)』隠すためと言っていい。

イラストは空気の流れを絵として描き都合の良いデータを公開する想像の産物である。

床下から入れる外気とは いかなるものか‥

外気利用のエコ住宅とは

いかなる実験を行ってたどり着いたか知らないが、恐らく実験などせず結果は見えていたに違いない。

想像・空想の産物を実験結果として見せ、都合の良い、

当たり前すぎるほどのデータで事実性を粉飾してるに過ぎない。以上


換気研修の講師である石井氏は

外気を取り入れ夏季の室温上昇を軽減しようとするソーラーサーキット工法の開発責任者。

他にトリプル・サーキットと呼ばれるものなど外気導入による室内環境改善

かなりな数の物件を試みた。結論は‥

僅かな効果はあるものの期待できるほどのものではなかった。

逆にクーラーの効きが悪くなる。エアコンを動かしたほうが遙かに低コストで省エネ

かつ使い勝手に合わせたコントロールが効く。

◆欲しいのは換気だった。

換気の重要性は必ず明らかになる。換気が生活を快適にするために、

いかに重要であるかという問題はこれから明らかになる。

換気が健康維持・健康増進の象徴として見られる日が必ず来ます。

そのような、積極的な換気方式の進化のために真菌・細菌まで含めた基礎実測研究を行い、

具体的な換気システムの改良を常に行っている。以上、換気研修より

社長が語る家づくり重要ポイント|【社長が語る】家づくり重要ポイント

ページトップへ