「いい家」だと信じた家に苦しめられる・・

さらに「いい家」を求めて…では

だれも、これこそがいい家なのだと信じて手に入れる。

その結果、家に苦しめられる人は決して少なくない。

化学物質過敏症状のことだ。

化学物質過敏症  北里病院の医師 石川哲、宮田幹雄著

この本を追加発注しようとしたところ廃版になっていた。

これからの必読本だというのに・・・・

「化学物質過敏症」

家屋は換気が最重要課題です。

人間の肺を空気清浄器として使用しないで下さい。

トイレの芳香剤は消臭ではなく、汚いトイレの象徴で悪臭をごまかしているに過ぎません。

高級ホテルでは決して芳香剤を使用していません

一流の病院も芳香剤を置いていません。

また最近出回っている消臭剤で発症してくる患者さんがいます。

消臭剤は臭わないために、どの程度空気を汚しているかわからないだけに厄介です。

化学物過敏症の人は国内で100万人とも言われ

じつはその10倍ではないかという見方もある。

「いい家」だと信じた家に苦しめられる・・

社長が語る家づくり重要ポイント|きれいな空気と換気

ページトップへ