白蟻蟻道を外部から目視できる家

新築後は10年目、次は5年、次は2年、現実には薬剤処理が頻繁に行われているようだ。

もともと薬剤が極端に薄められているうえに、薬剤の効力が年々落ちてくる。

車の車検と同じように、定期的に白蟻薬剤駆除を繰り返すなど、やってはなりません

薬剤をいくら薄めても殺虫剤は殺虫剤、人畜無害であるはずがありません。

胎児への影響も懸念されている。

ミラポリカMPのように「ノンケミカル耐物理防蟻」が完璧にできるというのに‥

 ミラポリカとMP工法とは

「断熱材と断熱材の隙間をエポキシ樹脂によって埋め、 蟻道を防ぐ」

健康的な被害も無くシロアリ の進入を防ぐ理想的な工法です。

ミラポリカ断熱材とMP工法によりシロアリは基礎内部に侵入出来ないため

シロアリは土グモのように蟻道を基礎の外部に作り進入しようとします。

 しかし、外部から「目視」で蟻道が確認出来るため、事前に進入を防ぐことが可能なのです。

薬剤でシロアリを防蟻処理している場合は

このような現象が起こらずダイレ クトに被害にあってしまう、

気がついたときには、シロアリ被害にあっていたというのが現実なのです

ミラポリカMP工法 基礎配管廻り

ミラポリカMP工法 基礎配管廻り

社長が語る家づくり重要ポイント|シロアリ対策

ページトップへ