自然換気は『湿度』を除外しした抒情の世界‥

お客様から大手ハウスメーカーのカタログを頂いた。坪100万といわれたそうです‥

その大手ハウスメーカーの換気は『自然換気と機械換気を組み合わせた独自の換気システム

自然換気と機械換気を組み合わせる。。。とはね ?

自然換気の「床下から入る外気」とは、いかなる空気なのか‥

PM2.5・排気ガス・土埃・花粉・騒音・ダニ の他に 湿った空気「湿気の侵入。


 ハウスメーカーの誹謗中傷ばかりすると嫌われますが

自然通気を入れると部屋の空気がおかしくなる。自然通気と換気の家を皮膚感覚で比較した物語

【関連記事】

●床下から入れる外気とはいかなるものか、一歩間違えれば健康を害すとんでもない素人工法だ‥
自然へのノスタルジー、自然志向を印象付ける工法は、潰れては生きるを繰り返し
大手メーカー故にその欠陥に気付くには時間がかかる。以上、換気研修より。

自然通気の家は湿度を除外視した抒情の世界。 

以下、「涼温な家」より抜粋

家の内部と外の絶対湿度を比較すると家の中は10.8gでサラッとしている。

外は18.6g無風で空気がベトッとしており重い感じ、この状況で窓を開けたら、

湿気が平衡状態になるまでどんどん家の中に侵入してくる。

通気工法の外気導入口は地面に近いだけに、さらに湿った空気が入ってくるはずだ。

エアコンを付けたとしても除湿効果は得られず、省エネの逆をいく結果になってしまう

大手ハウスメーカーが自慢している風を利用する涼温房や工務店が自賛している自然換気の家は

"湿度"を除外視した抒情の世界の話である

以上

 以下、住宅研究家 大宮氏の本から抜粋 “床下換気口をなくせ”

高気密高断熱の家と自然通気をミックスすることはできない、

「通風で床下を乾燥」という観念を、 検証もせずに踏襲している。

日本のような高温多湿な気候風土で家を長持ちさせようという場合は論理は二つしかありません。

昔のように徹底的に開放して風通しの良い家を造るか、または

徹底的に防湿的に家を造って外からの湿気を取り込まないかの二つに一つを選択するしかないのです。

中途半端な家造りはユーザーを欺く詭弁になると言っても過言ではありません

日本の夏の多湿の外気を床下に入れない方が良いのです。以上

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

facebookはコチラへ

Twitterはコチラへ

Instagramはコチラへ

 

社長が語る家づくり重要ポイント|【社長が語る】家づくり重要ポイント

ページトップへ