考えたくもない、知りたくもないこと、構造内部の結露

2014年2月9日の大雪、体感ハウスの雪景色、その頃パートさんのブログでは

龍ヶ崎体感ハウスの雪景色

『結露』を拭いても、気付くとまた出来ていて

「拭き取る」という対処ではとても追いつけません。

結露はカビを発生させ、アレルギーなど人体に悪い影響を及ぼします。

そして、更にゾッとしてしまうのが、壁の中に発生する結露です。

この見ることの出来ない結露は、木を腐食させ家を蝕んでゆきます。

知らなければいけないけれど知りたくない事。

既に家を建ててしまった私にとって、考えるのを遠ざけたいことでした。

今さら、建て替えることもできないし!

我慢と諦めは主婦の想像以上な『ストレス』になります。想像以上に‥

結露のない家に住みた~い‥結露で悩むことのないの家

壁の下には外壁材を止める板があり、下のように見えることは滅多にありません。

問題は下がオピニオンリーダーである大手ハウスメーカーだということ

本格化する腐る家まさか、まさか‥!

湿を排出しようとする気持ちが低すぎる多くの造りだそうです

内部結露を防止するTIP構法と外断熱は、抜群に相性が良い

構造内部に換気(通気)があればカビを防止できます‥

カビ臭くない! 18年の体感ハウス

機械の進化と、断熱方法の進化で結露しない家可能なのに

大半の人は知らない 知らされないでいます。

構造内部も居室と同時換気できるセンターダクト

 

社長が語る家づくり重要ポイント|【社長が語る】家づくり重要ポイント

ページトップへ