家の耐久年数…? 屋根の悲鳴

下の写真は築7年目の屋根下地 

築7年目の屋根下地

原因は雨漏りだけではありません。結露による屋根下地の劣化

結露による屋根下地の劣化

屋根下は結露で蒸れます。だから、屋根の上でしっかり断熱・気密

そして『屋根裏の確かな換気、確かな通気

屋根上でしっかり断熱・気密

結露はカビやダニを繁殖させ家を腐らせる危険がある。

だから屋根上部の断熱・気密にタップリ手間を掛ける。

屋根の断熱・気密にタップリ手間を掛ける

大工さんミーティングでよく話題になるのは屋根の腐食と劣化

大手メーカーの壁断熱は気密不良がヒドイけど、もっとヒドイのは屋根だよ…10年もするとブカブカ

大手ハウスメーカーで建てた人が屋根の補修依頼をすると屋根リフォームの見積書が届いた‥

大手メーカーは新築受注がなくても10年は経営できるらしい。

ご存じでしょうか? 

家の耐久性が短いことを密かに歓迎する大手住宅メーカーだと囁かれていることを‥!

長期優良住宅は結露による腐食は原則...保証対象外。

長期優良住宅の敵は壁内の内部結露・カビによる劣化、生物劣化と言います。

大手住宅メーカーの弱点もココでしょうね!

結露による生物劣化を防ぐには外断熱の防湿層通気層このどちらがかけてはダメ

外断熱による防湿層』

【関連記事】

●屋根が泣いている。必ず『断熱層上部』に通気層を設ける

小屋裏収納に結露水。これから増えるであろうと予測されている。写真は2018年3月日経BPメールより

 

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

         

 

社長が語る家づくり重要ポイント|断熱と気密

ページトップへ