センターダクトから吹き出す空気は驚異的にキレイ

涼温な家センターシャフトからの給気

センターシャフトの吹き出し口『給気口』に真っ白なフィルター を付けて

4 ヶ月経過‥ほとんど真っ白。

どういうことなのかピンとこない人は多いでしょうが、これは‥

驚異的にキレイな給気『新鮮空気』もしも一般的な換気メーカーの給気だったら‥? 

2ヶ月もすれば間違いなく真っ黒に汚れます。

新換気センターシャフトからの給気

それなのに換気メーカーの営業担当者は『汚れません』と言いきってしまう。

 第一種換気のメンテナンスを経験した方はお分かりでしょうが、

フィ ルター周辺はすごく汚れます。

あの汚れを見れば新鮮空気を室内に給気する空気とはどういう空気質か?

今の外気はフィルターを2重~3重にしないと、キレイな空気にはなりません。

暖かい、寒いといった温熱に隠れる涼温な家の『空気質』に注目してください。

虫対策用の袋フィルター① 中性能フィルター③ もう一枚フィルタレット②

大きなフィルタ―BOX(赤丸) 換気メーカーのフィルタ―BOXの多くは小さい、

袋フィルターを設置できるスペースがありません。

フィルタ―BOXにはさらに高性能フィルターや

臭いを吸着する『活性炭入りフィルタ―』も追加できます。

関連記事】●養鶏場の臭いが気にならない。

手造りフィルターも設置可能、空気清浄フィルタレットを一枚追加して見た。

4枚のフィルターを通過しても換気回数を維持できる換気装置は

センターダクトを持つ涼温換気ならではですね

極端に空気抵抗のない太いセンターシャフト、これほど明解な性能を持つ換気は

換気メーカー単独での開発は不可能だそうで体感ハウスに見えた換気メーカーの技術者は

涼温換気のようなシステムはメーカーにはできません…啓蒙ですね。

技術者のふと漏らした本音でした。

汚れた給気ダクトや放置される換気フィルターからは

真菌・カビ菌・アレルゲン・ビールスや何やら雑菌が吹き出している。

放置される換気フィルタ―にくれぐれも注意‥!

なので換気フィルタ―アクセスの容易性、フィルター清掃の容易性という

これが一般的な換気メーカーの吹き出す空気の現実です。

関連記事】

●得をするのは空気への投資

●依頼先にこう問うべきである。きれいな空気を24時間保障してくれますか?その保障に納得が得られないでは、家造りをスタートするべきではない。

換気フィルタ―を通過した空気

《SNSもよろしくお願い致します》                     

facebookはコチラへ

Twitterはコチラへ

Instagramはコチラへ

 

 

社長が語る家づくり重要ポイント|きれいな空気と換気

ページトップへ