換気は化学物質群の共同作業を理解する

換気は化学物質群の共同作業を理解する

換気を知らない人はカタログを信頼するしかありません。

95%以上のご入居者が実感!

花粉も湿気も減らし、暮らしを変える空気質。空気質の良さを住んで実感、

一年を通して上質な空気で満たします。97.3%の医師が証明

換気風量を測定したことがある人ならば

「上質な空気で満たす」とは?換気とはいかなるものか…知っている。

第一種換気のダクト内部は必ず汚れ

換気は化学物質群の共同作業を理解する

吹き出す空気は2ヶ月で真っ黒になる。

普通の人は給気(吹出し口)の風切り音を知らず…細いダクトの空気抵抗を知らず

フィルター管理の厄介さを知りません。

狭い空間のダクティングは世界共通 下の写真は「いい家」をつくる会。で紹介された

イギリス製の楕円形ダクト。

イギリス製の楕円形ダクト

住まいは換気が最重要 「化学物質過敏症」石川哲・宮田幹雄著から抜粋

体内に侵入した化学物質は生体異物として分解、処理される必要があります。

そのために体の解毒機能にとっては体内に侵入してくる化学物質の総量が問題になってきます。

一つ一つの化学物質では毒性を発揮しない程度の微量であっても

それらの多数の化合物が複合して体に吸収されて、どのような反応を引き起こすかは

なにも分かっていません。

ここではサプトキシックドーシスという中毒発生以下の毒性の考え方が必要になります

膨大な環境化学物質の人体への影響を考えるためには

サプトキシックドーシスの多数の化学物質群の共同作業の理解が必要です。

社長が語る家づくり重要ポイント|きれいな空気と換気

ページトップへ