住宅価格の裏話・大工さんの本音

住宅価格の裏話

お客様は住宅価格と施工をご存じないと思うのでちょっと裏話。

顔見知りの大工さん(弊社の大工とは違う)が某ハウスメーカーの応援に行った際に、 
誤って電ノコで床材を大きく傷つけてしまった。
電ノコが床の上を走り回ったというから 大きな傷だったようだ。
床は簡単に張替できるのでその旨を現場監督につげると
監督からは工期がないからそのままでいい、

補修で済ませるから 工事を急ぐように‥と指示された。
とにかく工期を急ぐ。大手メーカーの住宅は工期優先、 

施工を誤っても修正せず先へ先へと急ぎます。
知り合いに大工さんがいたら聞いてみてください、大きくうなずくハズ。 
材料にしても 

大手ハウスメーカーの材料は悪いよ、国産でないのは確かだけど、 

どこの材料だろうか ?やたら節が多い、ビスを正面から打つと割れるので斜めから打つ

その若い大工さんは固定した工務店に所属せずローコスト住宅やハウスメーカーを渡り歩く、
いわゆる「流れ大工」 流れ大工とは?

今日はタマ○○明日は○○林業と渡り歩く大工さんのグループ
家の価格が安いなと感じたら、どこかで手を抜かれると思って間違いありません。

価格差は手間の差、品質の差、良心の差、材料の差、現場監督力量の差、工法の簡略化、

などなど数え上げたらきりがありません。

家造りのモラルとは住む人とその子孫にまで感謝されること 。住んでから感謝・感動されること。

知りながら害をなすな ‥ 松井代表の言葉ですが、
造り手の都合のよい思い込みを押し付けたり、欠陥を承知で価格を優先してはなりません 。

くれぐれも家造りに失敗しないように。枚挙にいとまのない価格の裏話です。

 最近増えつつある「建築条件付き土地」は問題あり。かなり悪質だとさえ思う…!

昔から建築条件付きの建物は品質が落ちた。土地と建物は別々にしなければ品質は間違いなく落ちます

造る側に緊張感がなくなり見えないところ、隠れるところの手抜きがいくらでもできてしまう。

そして見えない「室内空気」の嘘やゴマカシにくれぐれも「注意」です。

換気メーカーの換気装置はキレイな空気を「保証」するものではありません。

売れるものなら何でも造るメーカーの話はメーカーの技術者から何度も聞かされている。

役に立たないものと知りつつ、売れるものなら何でも造る。

室内のキレイな空気には藁にもすがる想いの人がたくさんいるというのに

体感ハウスの吹き抜けにあるベンジャミン。

これだけ大きなものは龍ケ崎ニュータウンにはないだろうと自慢したいベンジャミン。

【関連記事】

●プロフィッショナルの最大の責任は「知りながら害をなすな」

LINE@始めました♪ 

見学会やイベントのご案内、家づくりのお役立ち情報などをお届けします

「涼温な家」にお住いのお客様には春夏秋冬のエアコン操作や節電方法

様々な住いの情報をお送り致します。

お友だち登録はこちらから↓

 友だち追加 

LINEからご質問・お申し込みもOK♪( ´▽`)

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪                    

facebookはコチラへ

Twitterはコチラへ

Instagramはコチラへ

 

社長が語る家づくり重要ポイント|【社長が語る】家づくり重要ポイント

ページトップへ