20年間きれいな空気を追及、我が「換気体験記」

空気は目に見えないもの だからといって‥ここまで書いちゃっていいの‥? 

なぜ広告倫理規定に引っかからないの‥?というチラシが目立ちます。

キレイな空気を求める人には、肺を患う人、重い化学物質過敏症、

シックハウス症候群で悩む人、きれいな空気に藁をもすがる思いの人がいるというのに‥

20年の換気体験記

TVのCMでは「南アルプスのような空気」とか、PM2.5に対応する換気システム

『粒子まで取り除き、きれいな空気が流れる』いとも簡単に言いきってしまう…

キレイな空気はどこもかしこの言いたい放題、何を書いてもおとがめが‥ありません。

さらに「いい家」を求めて久保田紀子著では

キレイな空気は「保証」されなければなりません。その保障に納得を得られなければ

家造りをスタートすべきではない。

普通に暮らす主婦に換気装置の正しい情報は入ってきません。

24時間換気は設置したら最後、比較できません。いえ、設置する前に比較してください。

本格的な換気の普及はイギリス10%、ドイツ30%。

センターダクトのような本格な換気と換気メーカーの簡易型換気では雲泥の差があり

とても同じ換気装置とは言えません。

関連記事

●本格的換気と簡易型換気、『換気』を啓蒙する

●換気の良し悪しを知る機会がない。

スウェーデンでは子供の低学年や企業の新人研修でも空気汚染と換気について

下のテキスト使って国が指導する。住宅メーカーは勿論 

建築関係者でもない多くの人が換気に詳しいらしい!日本にそのシステムがありません。

●酸素不足は万病の基、換気とは外気を浄化した新鮮空気の供給

換気の究極の目的は『酸素』の供給です

下のイラストは大手メーカーの全館空調システム

大手ハウスメーカーを中傷をすると嫌われます。若い主婦には睨みつけられます。

でも24時間換気の実態とキレイな空気だけは真実をお伝えしたいな‥

40年家造りに携わり、20年間換気メーカーの換気を比較してきた経営者の話を信じて欲しいものです。

高気密住宅のハウスダストとシックハウスは間違いなく社会問題になるでしょうから。


20年間きれいな空気を追及、我が「換気体験記」

狭い天井裏のダクトは上記イラストのようにスムーズに施工ができません。

もっともっと狭い天井裏や壁内の配管を想像してみてください。

天井の梁がジャマで遠回りするダクト(空気の筒)、折れ曲がるダクト、

換気メーカーも大手住宅メーカーも踏み込めない換気問題』とは

い天井裏・狭い屋根裏・狭い壁内のダクト工事なのです

戸建住宅にはビル空調のようなダクトスペースがありません。

狭い空間のため計画通りに空気は動きません。そのためイギリスには扁平なダクトがある。

以下は「きれいな空気」を追求しつつも、換気メーカーに何度も何度も裏切られた換気体験。

20年間きれいな空気を追及、我が「換気体験記」

1993年龍ヶ崎事務所に初の換気装置(第三種換気)設置 

はじめは換気メーカーのカタログを信用し大いに期待したものです。

床下まで換気できるという営業担当者を信用したのだが。数年後 床下にカビが‥! 

もしかして換気していない? 今思えば、ただ回っているだけの名ばかり換気でした。

20年間きれいな空気を追及、我が「換気体験記」

キレイなイラストをみると誰だって信用したくなります


ARUDE HVS-108

 

 

 

 

 

 

 

 そして、どんな種類のフィルターでも10か所もあったらフィルターの管理はできません。

換気フィルタ―の清掃ができないなど‥あっていいわけがありません。

なぜ、換気メーカーはフィルタ―清掃の容易性に取り組まなかったのか ?

初めて知った換気メーカーの実情でした。

弊社、女性スタッフの自宅も同じように換気フィルターは放置され

年一回大晦日の日にフィルター清掃‥今では換気の電源を切ってキッチン換気扇が24時間換気。

20年間きれいな空気を追及、我が「換気体験記」

 

 

 

壁用のプロペラ換気扇 24時間回しっぱなしでも機能しているように思えない‥

換気メーカーの技術者がふと漏らした本音…

パイプファン換気

ダクトなしのノンダクト換気は、シングルルーム用。

多くの人はノンダクト換気の口笛にも似た音問題に気付いていません。

以下は換気先進国カナダの熱交換換気システム 龍ヶ崎体感ハウスで4年間検証 

カナダ製の熱交換換気システム 龍ヶ崎体感ハウスで4年間検証

パワーがあって大いに期待したのだが、換気本体が凄く汚れた。

ネックはフィルター取り付け部の小さな隙間だった。

フィルターの小さな「隙間」はダクト工事と同様に、どこの換気メーカーでも未解決な大問題。

スウェーデン発行の「住宅と健康」ではその隙間を埋める小さなゴム辺と呼びその重要さを指導する。

最大のネックは気密性のないフィルターの隙間

空気の吹き出し口が一年で下の写真のように汚れた。

 空気の吹き出し口が一年で汚れた
 
換気メーカーの標準品、下は弊社が施工した第一種熱交換換気の施工例 

排気と給気の両方をダクトで施工するには天井裏は狭すぎるのです。
 
「第一種熱交換換気」の施工例

換気メーカーの24時間換気から吹き出す空気は必ず汚れます。

試しに、空気の吹き出し口に白いハンカチを一週間付けてみて下さい…灰色に汚れます。

写真は 2か月で真っ黒に汚れた第一種換気の吹き出し口(お客様提供)

 換気メーカーはこんなにキレイ‥! とダクト内部を見せるが、吹き出す空気は汚れている。

ココをメーカーは充分に承知しているハズなのです!。

ダクトはコーティング処理され、汚れが付着しにくいだけでした…

一年間経過すると以下のように汚れた。(お客様提出)

そして待ちに待った‥ 一直線の「センターシャフト」 
 
 
太いセンターダクトはまさに外気を清浄空気に変える空気の柱
 
 換気システムがこれほど画期的に改善されるとは想像以上、衝撃でした。

 袋フィルターで虫問題も解決 虫を見ないでポイ捨て
  
袋フィルターの接続部(気密性)小さな「ゴム片」に注目
 
その袋フィルターが1か月で真っ黒に汚れる。
 
 
 
 
 関連記事

●2010年9月、家が呼吸を始めた

体感ハウスの新換気リフォームが終了して” 家が呼吸” を始めた。

大工さんたちとのミーティングは「空気がきれい?」というテレビCM。

排気の風量測定を実施するところは極く極く稀らしい。室内空気は排気の分だけ動きます。
 

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

         

 

社長が語る家づくり重要ポイント|【社長が語る】家づくり重要ポイント

ページトップへ