設置したら最後、比較できない24時間換気…ここが問題

『換気システム、細いダクトから出る騒音に我慢ができない、夏の除湿の無さに不満‥』

これはネットで見つけた書き込みですが、24時間換気の問題とは音と除湿と臭いの軽減。

換気メーカーの換気とは『簡易型換気』でした‥20年間住みながら換気を比較してきて気付いた

換気メーカーの細いダクトとは機械換気の致命的な弱点といっていい…

それは住宅の壁内や天井裏は一般の人が想像する以上に狭い。ダクトを通すには狭すぎるのです

狭い壁内のためイギリスの換気メーカーには丸形ではなく楕円形のダクトがある。

本格的な換気は大きなダクトスペース設け、建物と一体で開発しなければ解決しません。

深夜に音が気になるか否か、窓を閉めたままでも食事の臭いが2時間で消えるか否か

換気のバロメーターとは臭い‥臭いの軽減時間で換気能力が判断できます。

本格的な換気は除湿効果があり、カナダでは除湿効果のない熱交換換気は使用禁止。

換気先進国だというカナダの「全熱交換換気システム」を5年ほど検証してみた。
カナダ製換気は風量は強かったのだが、換気本体と「フィルター」周辺が凄く汚れた。

室内に吹き出す給気口の周辺が2年で以下のように汚れた。

24時間換気は高気密高断熱の家に住み、住みながら比較しければその良し悪しが解りません。

弊社では20年の間に第3種換気⇒第一種換気⇒センターダクト方式の換気まで

5台ほどの換気システムを住みながら比較してきた。

数台を比較してみると換気メーカーの換気には疑問と失望と不信不満‥の連続で

いま思えば換気メーカーの換気はどれもこれも風量不足で期待外れ、期待はずれというよりも、

換気メーカーの換気は本格的な換気ではなく簡易型換気だったのです。

センターダクト方式の換気と比較してみて、本格的な換気と簡易的換気の違いを知った。

センターダクトのイラストを見ただけで『これしかないな…』と評価されたのは
原子力研究所のお客様でした。

【関連記事】

●センターダクトこの価値を理解できるのは200人に一人かな?というご意見。

●換気フィルタ―を通過した通過した空気の実態とは‥

●2018年に入ってドクターからのお問い合わせが増えつつあります

●2018年5月笠間市に完成したS様は青森県の原研にお勤めでした。

「S」様フォットギャラリーコチラ co_photo/150ac3c302bdb995d2c682e5-669.html

戸建住宅の24時間換気はまだまだ未解決な難問がいくつもあって

カタログどおりに空気はスムーズに動いていません。カタログどおりにキレイな空気になりません。

曲がりくねるダクト、ダクトが長く伸び過ぎて風量不足になるダクト

そうかといってダクトなしのダクトレス換気は所詮シングルルーム用で風切音が気になる

ピーピーと口笛を吹くような音がうるさくて我慢ならずという人も

以下、イギリス換気メーカー経営者の話 久保田紀子さん記 機械換気を極める。より

イギリスではダクトレスという言い方ではなく、シングルルーム用の換気だ。

ドイツ製と同様の熱交換式のものを当社も販売しているが、

それらはあくまでもシングルルーム用と考えるべきだ。』以上

換気は静音性がなければ使用不可うるさい風切音は昼ではなく夜 寝静まってから気になります。

●住んでから解った…住まなければ解らない24時間換気であってはなりません。

換気はトップレベルでもレベルが低い、はるかに低い。この意味お解りでしょうか?

【関連記事】

弊社周辺では、気密を問わない建物が増えつつあります。

高気密でなければ換気の機能は半減し換気シミュレーションは絵に描いた餅‥

下の写真は第一種換気の標準装置。お客様に空気の吹き出し口に試験的にフィルタ―を付けて頂いた。

給気口に付けたフィルターが一年で真っ黒に汚れた。涼温換気ではありません。

フィルタ―清掃が5分ほどで済む容易性がなければ長続きしません。

エアコンのフィルターも換気フィルタ―も腰高の位置になければ、やがて放置される。

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

facebookはコチラへ

Twitterはコチラへ

Instagramはコチラへ

 

社長が語る家づくり重要ポイント|【社長が語る】家づくり重要ポイント

ページトップへ