養鶏場の臭いが気にならない…屠殺場の臭いは?

早いものでセンターダクト方式の換気になって9年目

2009年11月に完成した成田市のN様宅は近くに養鶏場があり、臭いが流れてくる。

その臭いの除去効果は?

当初、新換気システムでも外気の臭い軽減は無理だと言われたのだが、結果は良好‥ 

新換気システムでも外気の臭い軽減は無理だと言われたのだが、結果は良好

以下 2010年4月 設計担当者「外気の臭い」除去報告

N様が住んでいらっしゃる地域では、近くの養鶏場からの臭いが流れてきます。

建築前のお打ち合わせでそのお話を伺いましたので

CS-HVSの空気清浄フィルターに脱臭機能を付けられないかと考えました。

もしそれができれば

外気のホコリ・花粉・カビばかりか臭いまでもきれいにしながら、家の隅々まで換気ができ

常に新鮮な空気が得られる、理想的な“空気のきれいな家になるのです。

マツミハウジングで技術開発をしている石井さんに何度となく相談に乗って頂き

活性炭フィルターを使って脱臭することになりました。

しかし当時は、マツミハウジングでもまだ外気の臭い除去については実験段階で

脱臭性能・全熱交換機の抵抗・メンテナンス性など詳細を検討する必要があり

良質な空気を得ることの難しさを痛感させられたのです。

詳細な換気計算に基づき新換気システムを設置させて頂き

昨年11月にお引き渡し致しました。

お住まいになって4カ月、その効果を伺いましたらうれしい返事を頂きました。

ご主人・・・

『家の中で外からの臭いが気になったことはない

一度外がすごく臭かった時、家の中では給気グリルに鼻を近づけるとかすかに臭った』

奥様・・・

『その時は家の中も少し臭ったように感じたけれど、外は強烈な悪臭だった』

臭いについて調べてみて色々なことが判りました。

まず、臭いといっても様々な種類があり、

それを取り除くフィルターも臭いによってかわってくる。

また、臭気を一度フィルターに通しただけでは臭いを100%は取りきれない。

(空気清浄機は部屋の空気を何度もフィルターに通している)

ですから、N様邸でまずまずの成果を得られたことにほっとしています。

茨城・千葉の地域性もあり、脱臭フィルターの需要は今後もあると思っています。

日々進化している技術についても常に情報収集を怠らないよう心がけなければと実感致しました。

外気の臭い対策はフィルターだけでなく 建物の気密性能、壁を貫通する穴の気密処理、高気密性能が重要

外気の臭い対策はフィルターだけでなく

建物の気密性能、壁を貫通する穴の気密処理、高気密性能が重要になる。

換気の吸気口が1か所というのも大きい。

昔、取手市で新築した近くに屠殺場があって

屠殺場特有の嫌な臭いが流れてきた。

その地区に住む人は臭いに慣れっこでも、来客者はそうはいきません。

「涼温な家」ように臭いを軽減できる家があることを知ったら、その地区の人は驚くでしょうね。

(注)高性能フィルターは圧損が大きく一般的な換気装置では風量が極端に落ちます。

●換気について知るべきこと

換気は画一的に扱うものではなく、その土地、その家族に合うように個別対応で考え
最適なシステムを設計することが大事です。

単に法律に適合していればいいいというような安易な考えで取り組むべきものではありません。

住む人は、事前に換気の意義換気の方法

そしてメンテナンス方法について十分な説明を受け理解し納得することが大切です。

社長が語る家づくり重要ポイント|きれいな空気と換気

ページトップへ