シロアリ防蟻まちまちな主張 シロアリ裁判

シロアリ裁判
シロアリ学者の主張はまちまちで

シロアリ防蟻を完璧にできる業者は極めて少数という現実を知るべきです。

請け負った工務店の社長は大学で教鞭をとったほど知性的。

それなのに ‥ 欠陥住宅

知的な人ほど話上手。
どんな工法でも話上手な人に饒舌に語られたら「善し悪し」を判断できません。

家造りは高学歴などないほうがいい、

この業界は常に謙虚で努力し続けないとすぐに遅れます。

大学で教えた経験というだけで慢心になりやすいもので
多くの一級建築士が「換気」や「シロアリ物理防蟻」に無知・無頓着なのは慢心からくる勉強不足。 

その工法(OM)はあきらかにシロアリ食害に「嘘」があった 

担当者の言い訳
『14,000 棟を建て初めてのシロアリ食害です ‥』

その後、次々とシロアリ被害が明らかになった。

ベタ基礎や断熱材の裏は暖かくシロアリが活性する好環境

シロアリは湿気よりも高温域に誘引される。

スタイロフォーム断熱材はシロアリにとって栄養ではないが 一時的な巣や蟻道の役割を果たす。

これからの省エネ住宅は正しいシロアリ防蟻に熟知する必要あり!!

長期優良住宅の敵はシロアリや結露・腐朽菌による、家をむしばむ“生物劣化”なのです。

龍ヶ崎体感ハウスの「グリーンテラス」と呼ぶ吹き抜け

写真は龍ヶ崎体感ハウスの「グリーンテラス」と呼ぶ吹き抜け。

半分外で庭と室内のつながる場所。大きな吹き抜けの開放感はいいものですが、

防蟻処理をしていない床下は2015年シロアリ食害

住宅雑誌へ
の広告掲載の打ち合わせ

雑誌の担当者は

換気システムの効用やノンケミカル防蟻をいくら書いても反響はこないだろうと言う 

写真の載せ方、子供たちが楽しく遊ぶ姿 、夢が膨らむデザインでなければダメ。 

危険な「シロアリ食害」など書いても、誰も関心をもたないのでは?

価格表示も正直ではダメだそうで、

常識的な坪単価を載せたら反響はまずこないというのです。

社長が語る家づくり重要ポイント|シロアリ対策

ページトップへ