≪家に潜む危険≫ その2

最近ご存知の方も多い【ヒートショック】※小さな動きの中での急激な温度変化が短時間のうちに起こり、これに伴って、血圧の急激な上昇や下降が引き起こされること。

 

【ヒートショック】が原因で心臓発作や脳卒中で倒れる人が増えています。その死亡者数は、すでに交通事故死をはるかに上回っているという話もあります。

温度差の大きい家に住むことは、ブレーキ不良の車に乗って走っているのと同じで、心臓や血管系が弱い人にとっては、命がけで暮らしているようなものです。

 

【ヒートショック】の原因 お湯の温度と脱衣所・浴室の温度差

1年間で、全国で19,000人もの人がヒートショックに関連した入浴中の急死に至ったと推計されています。(※1)
事故の大半が冬場に発生していて、気温と死亡者数がはっきりと反比例しています。

この死亡者数は、交通事故による死亡者数の4倍(※2)を超え、そのうち高齢者が大多数を占めています。
※1 厚生労働科学研究費補助金 入浴関連事故の実態把握及び予防対策に関する研究 平成 25 年度 総括・分担研究報告書 研究 代表者 堀進悟
※2 平成25年中の交通事故死者数 - 一般財団法人 全日本交通安全協会

 

◯温度差によって変動する血圧イメージ

血圧は体内の血管が収縮するとき上昇し、血管が拡張すると下降します。
・暖かい部屋から寒い脱衣室・浴室へ→寒さで血管が収縮 → 血圧上昇

・熱いお湯につかり身体が温まる→血管が拡張 →血圧下降

温度差によって変動する血圧イメージ

さらに、温まった身体で寒い脱衣室へ→血管が収縮 → 血圧上昇…

こうした血圧の変化は、高齢者や血圧の高い人にとって、脳出血や脳梗塞、心筋梗塞などの原因にもなります。

 

冬は寒いと、熱いお湯に入りたくなってしまいがちですが、「浴室温度」と入浴中の「湯温」の温度差を見ると、冬場は約32℃くらいまで広がるようです。この大きな温度差が激しい血圧変動をおこし、入浴中の事故を引き起こすことにつながります。逆に、この温度差をできるだけ小さくすることが体への負担の軽減につながります。

少しでも身体の負担を減らすためには、とにかく各環境(脱衣室、浴室)の温度差を減らすことがポイント。入浴環境の温度差を減らすために有効なものの1つが「浴室暖房乾燥機」です。
また、浴室だけでなく脱衣室の温度にも気を配りましょう。小型のヒーターを用意するなど、温度バリアフリー対策を忘れずに。浴室暖房乾燥機をお持ちのお宅は、浴室の扉を開けて浴室暖房をかければ脱衣室も暖まります。

 

【ヒートショック】はお風呂だけでなくトイレなどでも起こりやすいと言われています。

 

『涼温な家』はエアコン1台(注1)で、室内だけでなく廊下・洗面所(脱衣所)・トイレも快適な温度に保たれています。(注1:センターダクトの本数、CDエアコンの設置数は換気計画によって変更される場合があります。)

龍ヶ崎体感ハウスでは、寒い冬・暑い夏にこそ、その効果を存分にご実感いただけます。ぜひご体感にいらしてください♪♪

 

社長からのワンポイント

危険な温度差をなくせ‥と知りつつ「断熱・気密」を疎かにしたのでは温度差はなくなりません。

とくに気密施工の悪い家は隙間風が壁内に侵入し、床下や「壁の中」が冷える。 

知ってくださいね…

価格を下げる「常套手段」は手間の掛かる気密性能を避けること

小気密~中気密断熱の家ですよ…!

高気密の家だと信じて手に入れた家が、じつは中気密な家だった…残念で残念で立ち直れません

こうならないように、しかし″現実は大手メーカーを含め大量に造り続けられているのです″

一見、気密が取れているように見える「吹き付け断熱」でも外断熱に比べると20~30%落ちる。

 

外断熱・涼温換気 SA-SHEの家

体感ハウスで住みここちを確かめたい方

ただいま建築中の様子

社長ブログ

 

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

facebookはコチラへ

Twitterはコチラへ

Instagramはコチラへ

 

主婦の語る豆知識ライブラリー|主婦が語る簡単「家」知識

ページトップへ