基礎は一体成型・外断熱・床下は第一種換気で‥

ハウスメーカーのカタログで比較すると分かりやすい。
ハウスメーカーのカタログで比較すると分かりやすい

どこに問題があると思いますか?

イラストは基礎が一体で造られているように見えますが

大手ハウスメーカーの基礎は2回打ち、立ち上がり(打継ぎ部)の
コンクリートはくっついていません。

基礎立ち上がり部は鉄筋とくっついているだけで‥ コンクリートは離れているのです。

コンクリートは一回で打たないとくっ付きません

翌日打っても一体成型にになりません。
 ハウスメーカーのカタログで比較すると分かりやすい

横からの力に弱い

 打ち継ぎからのシロアリの進入や水の染み込みは、家にとって致命的

 打ち継ぎからのシロアリの進入や水の染み込みは、家にとって致命的です。

シロアリ被害裁判資料 全く素人の人が 基礎打継ぎの欠陥を見つけ、作成したイラスト
色分けした基礎がくっつかないで離れている。
シロアリ被害裁判資料 全く素人の人が基礎打継ぎの欠陥を見つけ、作成したイラスト

基礎一体打ち工法

基礎一体成形とは
1回でベース部分と立ち上がり部分を同時に打つこと。
継ぎ目のない強固な基礎ができあがります!

一体型だから強い

 

基礎礎打継ぎをなくせ‥
基礎の打継ぎ部はジャンカ(セメントと砂利の分離)を避けられません。
しかしモルタルの上塗りで隠れてしまう。
基礎の打継ぎ部はジャンカ(セメントと砂利の分離)を避けられません

打ち継ぎのジャンカからは水の染み込む危険も‥ 基礎を内断熱にしたのでは点検できません。

立ち上がり2回打ちの基礎は断熱材を外にすべき
立ち上がり2回打ちの基礎は断熱材を外にすべき

 基礎内断熱はコンクリートの冷気とアンカーボルトの結露問題‥

基礎内断熱はコンクリートの冷気とアンカーボルトの結露問題

 

基礎は外断熱に‥

基礎は外断熱に‥

断熱基礎の弱点は床下が第三種換気システム。
負圧になるとと結露の恐れあり。
床下の換気は熱交換第一種換気システムにすること。

床下の換気は熱交換第一種換気システムにすること

 

社長が語る家づくり重要ポイント|基礎

ページトップへ