なぜ、本格的な外断熱をやれないの?大工さんの話

いいのは解る…でも本格的な外断熱工法をやれない。そのわけとは?

坪田大工さんは

『外断熱は経験・熟練だ‥  簡単じゃない、難しいよ‥』


断熱材を切るノコギリを独自に工夫したり、

隙間なくピッタリ切ったり、ゆるく切ったり

ぴったり切ったら、きつ過ぎて入らなかったり‥

家一軒仕上げるうちに、うまく納まらないところが何か所もでてくる。

なぜ、本格的な外断熱をやれない?大工さんの話 

だから「いい家」を建てる。より(抜粋)

断熱工事をするには、曲尺とのこぎりが必要...

充填断熱しか経験のない大工が聞いたら、 驚いて質問するに違えない。

そんな面倒なことをやって、いったいいくら手間代をくれるの…と

相応にもらえたとしても、 嫌がる大工が圧倒的に多い。』以上

なぜ、本格的な外断熱をやれない?大工さんの話

弊社は外断熱工法が茨城県では初だと思う‥

20年ほど前になるが、

大工さんに途中で現場をホッポリ投げられたことがあった‥

外断熱の施工中にですよ、

外断熱ですか?大丈夫…できるというので依頼したが

現場途中で逃げだす大工‥初めて経験しましたね。

その後、知り合いの大工さんたちで仕上げたのだが

いくら補修をしても雨漏りが直らない、結果的に外壁を剥がし断熱材を全て張り替えた。

たいへんな出費でした。以後、経験のない大工さんには依頼しないことにしている

外断熱と『高気密という技術』を理解して欲しいものです

【関連記事】

●住宅価格の裏話、大工さんの本音 

 

社長が語る家づくり重要ポイント|【社長が語る】家づくり重要ポイント

ページトップへ