べた基礎、配管貫通部のシロアリ対策

龍ケ崎体感ハウスは実験施設なので、さまざまなことを検証している‥

自然系防蟻防腐剤は新たなステージへ

体感ハウスではシロアリ防蟻にミラポリカMP工法やターミメッシュ工法を採用しなかった。

実験的にヘルスコ・キュアーという、それこそ安心安全だという自然系防蟻剤を塗ってみた。

どんな自然系防蟻剤といっても効力期間がある。効力期間の過ぎる6年後に出るべくしてでたシロアリ

いまでもその進捗状況を観察中ですが、涼温な家になった6年前から羽アリが飛ばなくなった。

涼温換気による床下の「除湿効果」だけで安心できるわけがありませんが

床下の湿気を排出する機械換気の「除湿」は本物の効果があるかもしれない‥?

大手メーカーのシロアリ防蟻をネット検索してみると以下のようなイラストが

 配管部には防蟻機能を持ったコーキング? 玄関ポーチの打継部には防蟻機能のある粒剤 ?

小さな隙間があるとコンクリートも食い破るシロアリ

薄いコンクリートボンドや薄いコーキングなど簡単に貫通します。

防蟻機能のある粒材にしても、防蟻コーキングにしても、ホウ酸入りにしても

どんな薬剤でも効力期間を過ぎれば必ず破られる。防蟻機能の粒剤など気休めでしかない。

薬剤を使用しない物理防蟻は簡易施工で解決するものではありません。

ノンケミカル耐物理防蟻、現在はターミメッシュ工法⇒ミラポリカMP工法になっているが、

シロアリ物理防蟻の開発には長期間の「検証期間」が必要とされる‥(6~7年)

物理防蟻は検証を継続しなければならない、ミラポリカMP 工法は現在でも検証を継続中。

且つ建物完成後の数年間は年一回の点検が欠かせません。

写真は配管貫通部のシロアリ防蟻 「ターミメッシュ工法」

ステンレスメッシュを貼った上に特殊モルタル(ターミパージ)を塗る。

配管貫通部のシロアリ防蟻

配管貫通部のシロアリ防蟻

下の写真はミラポリカMP工法、施工中の配管廻り

施工中の物理防蟻「ミラポリカMP工法」配管廻り

現在シロアリ耐物理防蟻を完璧にできるのは

ターミメッシュ工法とミラポリカMPだと断言できる。

玄関タイル下の施工だけでも丸一日かかる(赤丸) 特殊反応樹脂材を「溝」に充填

玄関タイルの下はシロアリ侵入の最前線、最も多い白蟻の侵入経路なのです。

 

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

facebookはコチラへ

Twitterはコチラへ

Instagramはコチラへ

 

社長が語る家づくり重要ポイント|シロアリ対策

ページトップへ