小屋裏の狭い空間は、なぜか落ち着く

小屋裏部屋は静かで不思議な安心感があっていい

気分が落ち着きます。

竜ヶ崎体感ハウスの小屋裏

写真は竜ヶ崎体感ハウスの小屋裏、穴ぐらのような窓のない小屋裏部屋は

書斎としても最適ですが玄関まで時間がかかります。

インターフォン子機を忘れないこと。急いで階段を下りると事故のもと。

もしも、この窓のない狭い空間が「換気」されないとしたら‥

30分もすると息苦しさを感じるでしょうね。

涼温換気の快適さは換気経路の短さにある。

換気は給気(サプライ)と排気(リターン)と時間の短さが重要

小屋裏の狭い空間は、なぜか落ち着く

15年ほど前、龍ヶ崎事務所の小屋裏に壁用換気扇(プロペラファン)を付けてみた

静圧の問題らしいが、ほとんど換気しない壁用換気扇だった。

空気は軽そうで重い

空気の重さが水の千倍と聞いてもピンときませんが、

水の重さは10cm×10cm×10cm が1kg 

空気1m×1m×1m の大きさが同じ1kg

空気の重さが分かる気がします。

社長が語る家づくり重要ポイント|きれいな空気と換気

ページトップへ