怖くて鳥肌がたつ換気フィルター

加湿器のフィルター、週一回の掃除が目安…ご存じですか?

最も肝心な「換気」のフィルター掃除が、数年もすれば放置される

そのうち、このカビ臭い家を何とかしてくれ…となるかもしれないのに‥

5年間放置された換気フィルター(日経ホームビルダー)

 5年放置された換気フィルター(日経ホームビルダー)

なぜ換気フィルターが放置されるのだろうか…?

普通に暮らす人は換気システムの価値、ありがたさを「実感」できた経験がない。

一般的な換気システムは細いダクト、折れ曲がるダクト

給気・排気のバランスの悪さ故に…ほとんど正常に機能していません。

換気メーカーが建物と一体で開発してこなかったことが原因‥だとされているが、

これは20年間で5台の換気システムを経験してハッキリ言える)

雨が続いても「部屋干し」が数時間で乾き、ペットの臭い、嫌な臭いが家中に拡散しないなど、

生活しないと理解できませんね

涼温換気は「弱・強・急」の切り替えで

5~8倍風量がアップし

しかも気流のストレスを感じない。

気流を感じない大風量…信じられますか?

放置される原因その(Ⅱ)

換気フィルター清掃が億劫で面倒でフィルター掃除が長続きしない。

真っ黒に汚れる換気フィルター、外気が汚れていることを知らない。

水戸店は閑静な住宅地のなかにあって一見きれいに見える外気。

水戸店「安彦」さんは

本日は、フィルター交換をしました。

汚れているであろうと想像をしながら取り外しますが、

真っ黒な汚れを目の当たりにして「ワー」と一人で声を出してしまいます。

この真っ黒な汚れが身体の中に入ってしまったら。。。

と考えるだけで怖くて鳥肌がたってしまいます。

フィルターのおかげできれいな空気を体内に入れる事が出来ている事を思いますと

「フィルターさん、ありがとう」と小さな声で囁いてしまいます!(^^)!

怖くて鳥肌がたつ換気フィルター

 

龍ヶ崎体感ハウス「庄司さん」のお宅では

ご主人に掃除を頼んでも…やってくれない~。

フィルターがもう一枚「埃の黒い層」になって2枚になっているそうです。

建築を教える大学教授が換気システムを信用していなかったり

換気に全く関心のない建築士だったり

PM2.5を報道しても、換気フィルターの維持管理に触れないマスコミであったり

以下「涼温な家」より抜粋

機械換気装置で一番大切なフィルターが適切な維持管理がされない場合に

どのような結果になるものか、

ほとんどの人は知らない知らされないでいます。

長期優良住宅と認定され、スマートハウスと称し

あるいはゼロエネ住宅とされるものであっても

一年もしないうちに空気環境が不良化し、

住む人の健康を脅かすようになるであろうことを忘れてはなりません。

繰り返しますが、

住宅は健康維持・増進に役立つものであるべきです。

であるならば、造り手の選択に際しては

どれだけ機械換気と真剣に取り組んでいるかを

基準にすべきです。「換気」との取組み方で、

その造り手の知識、設計力、技術力、経験力、正直さを判断できます。

社長が語る家づくり重要ポイント|きれいな空気と換気

ページトップへ