きれいな空気は、確かな断熱気密と機械換気

水戸体感ハウス西野サンのコメントより

つい先日テレビで「高断熱、高気密、空気が心地いい」というキャッチコピーを言うハウスメーカーのCMを見ました。

日ごろ、私達がこの体感ハウスで感じ、皆さまにお伝えしている言葉と全く同じだったので、

ふと耳を奪われました。

住宅展示場に行き、素敵なモデルハウスの中でどのハウスメーカーも同じように

「うちのメーカーの家は素晴らしい」と言うでしょう。

何が基準で、どのように素晴らしいのか、どんな事を知らせずにいるのか・・・

その中から、本当に良い家を選ぶ事は大変難しい事だと思います。

ハウスメーカーのカタログを見ながら思う、

なぜ空気質について何を書いてもどう表現しても、問題にならないのか?

何の規制もないのか?なぜ広告倫理規定に引っかからないのか。

なぜ、換気と気密・結露・シロアリ対策が進化しないのか?

なぜ、高気密高断熱の家なのに隙間が問われないのか?

なぜ、平成21年の改正省エネ法でC値(隙間相当面積)基準が削除されたのか?

以下は某工務店経営者の記述。

「次世代基準で定めるC値はかなり甘いものでした。

それでも、この基準すらクリアーできない業者がたくさんいました。

”高性能”を標榜する大手ハウスメーカーも、C値は熱心な中小業者の足元にも及ばなかったんです。

それで、目障りだから撤廃しちゃたわけ?

【C値が良い家=高性能住宅】っていう図式になるのが嫌だったわけ?

気密と換気が大手ハウスメーカーに「手に負えない」というホントの理由は、

高気密の技術は原価アップであって本音は価格。

外断熱に取り組み倒産した野村ホームの二の舞は困るという危機意識もあるのでしょう。

今、どのメーカーも空気については言いたい放題、書きたい放題ですが、

キレイな空気は「保障」されなければなりません。

健康に直結する室内空気、いずれキレイな室内空気(IAQ)の見える化がグンと進み、

より詳細な分析測定がリアルタイムで発信できるようになるでしょうね。

全館空調ハウスと「涼温の家」を比較すると空気の動きが全く違います。

室内空気は排気の分だけ空気が動く「俳気の力」はこちら動画参照

家の空気質・化学物質の測定

(SC工法の家から涼温の家にリフォーム後ハウスダスト(浮遊粒子)が半分以下に減ります) 
家の空気質・化学物質の測定
マツミハウジング作成

社長が語る家づくり重要ポイント|きれいな空気と換気

ページトップへ