お天道様が見ているから

いい家との出会い

いい家との出会い

The story of president

04.お天道様が見ているから

いま、私たちの会社に見えるお客様は『「いい家」が欲しい』を読んでおられる方がほとんどです。だとすればこの方たちは、私がこの本から受けたと同じような感動を抱いておられるはず。その感動をゆめゆめ裏切ってはならないと強く思います。私はこの会社を設立するまで、現場監督もし、設計も手がけてきました。その中で常に思ってきたことは、

■ 男は職場に入ったら、一生懸命仕事をするのが当たり前
■ 見えないところで手を抜くな
■ 誰も見ていないと思っても、お天道様が見ている。嘘をついてはいけない

ということです。

 

正直が工法の家づくり

その信念にはいまも変りはありません。家づくりには大きなお金がかかります。家が建って10年後も、お客様はローンを払っていらっしゃる。その時にも「建ててよかった」と言ってもらいたい。だから私たちは、必要なお金は必要ですと言います。その代わりそれだけの仕事は責任をもって100%する。吉建ホームの誇りは"正直が工法の家づくり"。これだけはどんなに時代が変わってもゆらぐことのない、私たちの生きているあかしなのです。

正直が工法の家づくり

 

正直が工法の家づくり

戻る最初へ

社長の部屋|社長の想い

ページトップへ